読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

後藤和智事務所OffLine サークルブログ

同人サークル「後藤和智事務所OffLine」のサークル情報に関するブログです。旧ブログはこちら。> http://ameblo.jp/kazutomogoto/

【ツイート転載】『プレジデント』の生活保護バッシングを批判する(2016.10.24)

いま発売中の『プレジデント』に、同誌が生活保護についてどう考えているかを象徴する記事が載っているので、生活保護行政の関係者や研究者は読んだ方がいいと思います。少なくとも私は立ち読みで怒り心頭に達し、購入しました。汚物は購入の精神。近日中に…

【ツイート転載】憎悪表現の裏にある言論メディアの変質(H28.09.04)

評論という行為をする際には、常に「他者を見下す快楽」と闘わなければならないと最近感じる。その快楽に溺れると、人格が崩壊し、ありとあらゆるものを見下さないと気がすまなくなる。 Togetterやそのコメント欄を見ていると、東日本大震災以降、あらゆる陣…

【ツイート転載】「評論」に依存し責任を回避する者へ(H28.4.18)

高史明氏のこのツイート https://twitter.com/Fumiaki_Taka/status/721320132832677888 に対して、「アニメアイコン」という言葉を使っていることから、内容をよく精査せずオタクバッシングだと脊髄反射してしまう反応についてはまだまだ予測の範囲内だけど…

【ツイート転載】ある社会学者と、若者論の社会学についての覚書(H27.12.27)

そもそも疑問なのは、若者論批判に対しては「若者論批判は若者の問題点を覆い隠す」という反批判がなぜか見られるということである。例えば女性、在日外国 人、生活保護受給者に対するバッシングは数多くあるが、それに対する批判も多い。私はそのような批判…

【ツイート転載】〈若者〉を再定義しよう(H27.12.1)

某御用若者氏が本当の御用になるのを見るにつけ、いい加減〈若者〉の定義をある程度違った形で定義した方がいいんじゃないかなぁ…って気になる。「若者代表」の胡散臭さは、特に左派を中心に多くの人が感づいているところではあると思うけど、それを理論化す…

【ツイート転載】『AERA』2015年11月16日号特集「上流化する公務員」評

件の『AERA』2015年11月16日号購入。この木村幹氏のツイートで採り上げられている記事はpp.30-32。 AERA特集。常勤だけの公務員と、非常勤も含む民間のデータを比較する、という「基礎的知識以前のとんでもさ」もさる事ながら、超高給取りのメディアさんから…

【ツイート転載】「劣化言説の時代」から「キャラ化する言論の時代」へ?

『「劣化言説の時代」のメディアと論客』の元になった論文を書いて以降のことだけど、「劣化言説の時代」のあとの言論状況って、言うなれば「キャラ化する言論の時代」なのだと思う。科学的、学術的、客観的な正確性や、社会正義よりも、その論客の「立ち位…

【ツイート転載】『AERA』2011~2014年の世代論記事の分析【テキストマイニング】

【分析概要】 2011年~2014年に刊行された『AERA』(朝日新聞出版)の内、タイトル及びサブタイトルに「世代」「若者」「ジェネ」を含む記事で、世代論を扱ったと見なせる記事であり、なおかつniftyの新聞記事検索で本文を取得できたもの22本 【使用ツール】…

【ツイート転載】山本昌で学ぶ若者論の歴史(H27.9.26)

山本氏の戦歴はWikipediaと下記のツイートを参考にしました。 今朝の中日新聞に載ってた山本昌年表に付記されてた現役中の社会の主な出来事が完全に歴史の教科書。 pic.twitter.com/Jdow6oi7il — 間借りさん (@magarisan) 2015, 9月 25 1983年 山本昌広、中…

【ツイート転載】リベラルの凋落なんかよりも劣化言説の勃興のほうがよっぽど重要でしょうが(H27.8.5)

『AERA』の戦後70年特集で「朝生」にみるリベラル派の凋落、みたいなことが書いてあったけど、少なくともここ20年程度の言論の動向について考える のであれば1997年以降に勃興した〈劣化〉言説の影響は外せないと思うけどなぁ。リベラルの凋落とか云々とかよ…

【ツイート転載】改めて振り返る古市『誰も戦争を教えてくれなかった』の問題点(H27.7.22)

おい。古市憲寿の『誰も戦争を教えてくれなかった』が文庫化に際して『誰も戦争を教えられない』になっているのはどういうことだ。少なくとも同書で語られているのは「戦争の当事者になれない自分」への陶酔でしかないんだが。 『誰も戦争を教えられない (講…

【ツイート転載】『文藝春秋』2015年8月号特集「戦後70年 崩壊する神話」のメディア論的意義について(H27.7.13)

というわけで今発売中の『文藝春秋』の特集「戦後70年 崩壊する神話」のレビューです。はっきり言って、まさに現代劣化言説の博物館と言っていい感じでした。あとテーマの選び方のバランス悪すぎ、例えば野球な んて4本くらいあったのにサッカーとか水泳とか…

【ツイート転載】「新型うつ」論の起源に関する井出草平氏への回答(H27.7.9)

「新型うつ」論の起源に関する井出草平氏への回答(H27.7.9)大阪大学講師の井出草平氏が「シノドス」に寄稿した記事「「新型うつ」は若者のわがままか?」(http://synodos.jp/society/14551/)をめぐって、井出氏から「〈新型うつ〉という言葉を最初に使っ…