読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

後藤和智事務所OffLine サークルブログ

同人サークル「後藤和智事務所OffLine」のサークル情報に関するブログです。旧ブログはこちら。> http://ameblo.jp/kazutomogoto/

【ツイート転載】『AERA』2011~2014年の世代論記事の分析【テキストマイニング】

ツイート転載 統計学 テキストマイニング KH Coder

【分析概要】

2011年~2014年に刊行された『AERA』(朝日新聞出版)の内、タイトル及びサブタイトルに「世代」「若者」「ジェネ」を含む記事で、世代論を扱ったと見なせる記事であり、なおかつniftyの新聞記事検索で本文を取得できたもの22本

【使用ツール

KH Coder

【辞書】

MeCab(ユーザー辞書なし、KH Coder側で「スマホ」を強制抽出単語に指定)

【単語】

出現数15以上の自立語186種類

【結果概要】

f:id:kgotolibrary:20151016173835j:plain

f:id:kgotolibrary:20151016173839p:plain

 

第1主成分は特定の記事を判別するだけのものなので分析上はあまり意味がない。

第2主成分以降を見ると、正の方向には「政権」とか「格差」などといった政治・経済関係の語句が並ぶ一方で、負の方向にはコミュニケーション関係の単語が並ぶ。ちなみにSTAP細胞小保方晴子氏を扱った記事が2本あるが、「新世代リケジョの衝撃」は大きく正の方向に傾いているのに対して、「反論するとぶしつけ?」は原点に近くなっているが、これは後者においては世代論の色彩が強いからだろう。

第3主成分は負の方向に働き方に関する単語が並んでいるのに着目したい。「働き方」は『AERA』の世代論の記事の中でも主要なものであり、この分析でもその傾向が窺える。

第4主成分は正の方向は政治関係だが、負の方向は「ゆとり世代」、そしてコミュニケーションに関する単語になっているのが興味深い。

【その他】