読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

後藤和智事務所OffLine サークルブログ

同人サークル「後藤和智事務所OffLine」のサークル情報に関するブログです。旧ブログはこちら。> http://ameblo.jp/kazutomogoto/

【文学フリマ東京22新刊】「働き方」と「生き方」を問う――平成日本若者論史Special3

 【書誌データ】
 書名:「働き方」と「生き方」を問う:〈若者〉をめぐる言説の現在と計量分析――平成日本若者論史Special3
 発行日:2016(平成28)年5月1日(第21回文学フリマ東京)
 著者:後藤和智後藤和智事務所OffLine http://www45.atwiki.jp/kazugoto/
 表紙:川泉ポメ(Penny Lane http://kawaizumipome.lolipop.jp/
 サイズ:A5
 ページ数:120ページ
 価格:即売会…800円 委託…1,000円

 通販取扱:とらのあな http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/40/45/040030404538.html
  COMIC ZIN(予定)

 国立国会図書館登録情報:納本予定
 電子書籍:予定なし

 サンプル:pixiv

www.pixiv.net

【目次】

総集編版まえがき

第1部 「働き方」を変えれば幸せになれる?
 第1章 まえがき  兼 本書の問題意識
 第2章 「海外に出よ」系の言説を読む――田村耕太郎と谷本真由美を中心に
  2.1 はじめに
  2.2 「グローバル」を演出するための「アイドル」
  2.3 「ブラック企業」の経営者はなぜ若者論を語るのか
  2.4 まとめ――ニヒリズムの帝国
 第3章 「降りる生き方」の罠――「新しい時代の正義」の何が危ういのか
  3.1 はじめに
  3.2 現代の「降りる」生き方の流れ
  3.3 現代の若者論との関係性
  3.4 まとめ――グローバル化と「降りる」生き方の間で
 第4章 若者の「新しい幸せ」の虚妄――古市憲寿試論
  4.1 はじめに
  4.2 「豊かさの中の欠乏」から「欠乏の中の豊かさ」、あるいは「リアル」から「ニヒル」
  4.3 現代の若者論の「完成形」としての古市憲寿
  4.4 まとめ――中間の喪失
 第5章 まとめ――デフレ時代のカーニバル
  5.1 「僕たち」とは誰か
  5.2 まずはマクロ経済の重要性を認識せよ
 第6章 「U-25サバイバルマニュアル」が描く「新・仕事人間」――その病理と時代背景
  6.1 ラインナップと著者
  6.2 社会を変えるな、自分を変えろ?
  6.3 若者論壇・政府・財界合作の「新・仕事人間」

第2部 「新しい生き方」は誰のため?:統計学から見た若者論・若者向け自己啓発言説の現在
 第7章 はじめに
 第8章 個別論者の分析
 8.1 はじめに
 8.2 古市憲寿
 8.3 イケダハヤト
 8.4 ちきりん
 8.5 谷本真由美
 第9章 横断的な分析
  9.1 はじめに
  9.2 「働き方」関係書籍の分析
  9.3 「生き方」関係書籍の分析
  9.4 分析対象書籍全体の横断的な分析

第3部 「ヤンキー」論の奇妙な位相
 第10章 はじめに
 第11章 「ヤンキー」論の布置
  11.1 はじめに
  11.2 現在の「ヤンキー」論への批判
  11.3 現在の「ヤンキー」論の形成と差別の再生産
  11.4 内向きの論理
  11.5 おわりに――「批評」の病理をどう見るか
 第12章 統計学で解き明かす「ヤンキー」論
  12.1 はじめに
  12.2 「ヤンキー」論4冊の個別検証
   12.2.1 斎藤環『世界が土曜の夜の夢なら』
   12.2.2 斎藤環『ヤンキー化する日本』
   12.2.3 原田曜平『ヤンキー経済』
   12.2.4 速水健朗ケータイ小説的。』
  12.3 「ヤンキー」論4冊全体の検証
  12.4 対応分析による9冊の特徴の分析

第4部 サークルペーパーより
 第13章 東浩紀と「批評」市場の問題(おでかけライブ in 山形111)
 第14章 君にもなれる!「グローバル」論客(第9回東方紅楼夢
 第15章 古市憲寿は「艦これ」の提督になったらどうだろうか?(地底の読心裁判 上告)
 第16章 「若者の右傾化」論と現代若者論の位相(海ゆかば2)
 第17章 「悪意」を生み出すものは何か:森達也クラウド増殖する悪意』を批判する(第8回東方名華祭/幻想郷フォーラム2014)
 第18章 オタク論者やマーケティング論者に社会を語らせてはいけないこれだけの理由(第11回博麗神社例大祭
 第19章 「夢ビジョン2020」を批判する:その危険な思想と成立(SUPER ADVENTURES 72)